タカラヅカメモ

全組観劇のライトファンによる宝塚感想置き場。

雪組大劇場公演「凱旋門」「Gato Bonito!!」

柴田脚本が好きじゃないので、「望海風斗だしとりあえず一回だけ見とくか」みたいなノリ(※)で見にいったら、意外なことに悪くなかった。びっくりした(※ 再演されるくらいだから名作なんだよね、とは思わないぞ騙されないぞ「バレンシアの熱い花」の悲劇を覚えてるからな、っていう感じのノリ)。

とはいえ、柴田脚本の常として、説明台詞(心の声)過多だし全然ショーアップされてないし分かり易かったら負けだと思ってる、みたいに変にこじれさせた恋愛の話だしキャラクタ的な魅力があるかっていうとあんまりないんだけど。でも意外と嫌いな話じゃなかった。面白かった。謝珠栄演出が好きだから……っていうのは多少影響あるかも(柴田&謝珠栄だと、「黒い瞳」も好き)。

ただまあ、轟悠の声が盛大にヤバかった(※)のと、望海風斗がすごくうまい人(=好き嫌いとか役作りの是非とかハマるハマらない的なことを抜きにすると、技術的にはほぼ欠点のない人だと私は思ってる)ってこともあって、なんでこれを轟悠主演でやったかなあ、とは思った。はっきり言って、素人目には望海風斗の方が「上手い」ように見えちゃうんですよね。これなら普通に望海風斗主演で、ラヴィック望海風斗/ジョアン真彩希帆/ボリス彩風咲奈(※)でよかったんじゃないの……って思っちゃったり(※なお、万が一そうなった場合、彩風咲奈には死ぬ気でがんばってもらうものとする)。

(※ 昔、月組スカピンで龍真咲ショーヴランの声が死んでた時以来くらいのレベルで、手に汗握ってハラハラしたし、見ていてしんどかった。台詞もかなりアレなんだけど、歌の高音部(特に「パララ」って歌う曲)が相当ヤバかった。タカラヅカスペシャルの時も大分キテたけど、あれよりも歌によってはダメなくらい。これがネックで二回目行くかめちゃくちゃ悩んでる)

てことで以下、適当な感想。

------

轟悠が演ってるので、イマイチ設定年齢が分かり難い感あり(実年齢が云々っていうより、どちらかというと声と芸風的な問題かな……)。ラヴィックが三十前後~半ばで、ジョアンが二十代半ばくらい? 落ち着いた男性が覗かせる「年相応に若い部分」が、「年不相応に若い(幼い)部分」に見えちゃう瞬間があるのが、ちょっとネックだった気がする。あと、見ている内に段々設定年齢が(思ってたより)若いってことが分かってくるんだけど、最初の印象がガッツリ「年配」なので、ジョアンとの出会い~恋愛初期がちょっと行き過ぎた年の差カップルに見えちゃうのも問題といえば問題(犯罪臭がする的な意味で)。真彩希帆がまた宝塚の娘役としては珍しく、若く見えるタイプの人だから余計に。でも意外と、望海風斗と「友人」やってるのは違和感なかった。不思議。

・望海風斗がわりと自覚して「クズ」をやってる(=露悪的なだけで、全然クズじゃない)、みたいなキャラで、終始素敵だった。「あいつはロマンティストだから」ってラヴィックを評する辺りに、ラヴィックの「甘さ」を心配する色が滲んでいるのがすごくいい友情。ボリスは、「恋愛なんて贅沢は、亡命者という日陰者には身に余る」っていう冷徹な判断が下せて、なおかつちゃんとその判断に従うことのできる賢さのある人、という印象(でもって、その賢さを本人は評価してないっぽいのが個人的にはツボ)。

・ポスターがわりとアレだったし、ずっとオッサンオールバックなんだけど、ちゃんとかっこよくてビジュアルが良かったので、最近望海風斗ファンの自覚が芽生えつつある身としては嬉しかった(贔屓目入っているのは認める)。台詞がいちいちかっこいい。

轟悠の声がヤバかったこともあって、望海風斗(と真彩希帆)が歌う時の安心感、半端ない。

ジョアンはもう少し典型的なファム・ファタル的な役どころかと思っていたんだけど、意外と直接的に魅力が描かれない(魅力が分かり難い)ヒロイン、という印象(柴田脚本の通常運行といえなくもない)。だけど、その難易度高めなヒロインを真彩希帆がすごくうまくやってて、嬉しかった。真彩希帆って、いかにも「美女!」って人では全然ないんだけど、声がキレイだからヒロイン感充分。今回、特にジョアンという役に合ってた気がする。

・「俗っぽいでしょ/そういう俗っぽい幸せが欲しいの」って語る彼女の横顔に、何もかも我慢しなければならない時代に生きていることの鬱屈の影がちらついてて、「そうだよね/誰だって美味しいものを食べて/キレイな服を着て/我慢なんかせずに毎日楽しく暮らしたいよね/愛があればお金なんて、とはとてもいえないよね(そう言えるほど強くも幼くもないよね)」ってめっちゃ共感したし、そういうある意味正直で悪びれないところがジョアンの魅力なんだ、って納得できた(※)。ラヴィックも彼女のそういうところが可愛かったんじゃないかなあ。三ヶ月連絡なかっただけでもう別の男かよ!って思わなかったのが、自分でも意外だった。

(※「欲望に忠実」で、なおかつそれが魅力的な女性というべきか)

・あとは……アンリ。彩風咲奈で待望のヤンデレじゃん!よっしゃ!!、って、途中(アンリのヤンデレ感を察した辺り)からめちゃくちゃワクワクしてたんだけど、一番見せ場であるべき場面(※)で、「狂気」よりも「情けなさ」が先行しちゃってたのがすごく残念だった。アンリって、お金も地位も美貌も持ち合わせた、いいところのお坊ちゃまから迸る狂気!が何より重要な役じゃないですか(多分)。「情けなさ」が先行した結果、単純に「自分を裏切った女に手を出したかっこ悪い男」になってて結構凹んだ。彩風咲奈のヤンデレが見たい一心で解釈が歪んでるような気はする(え、でもそういう役だよね……)。

(※ アンリはこの場面一発勝負みたいな役なので、ここで印象が残せないとあんまり大した役じゃないのである……)

・美穂圭子さんの無駄遣いをちょっと感じた。

------

・ラヴィックとジョアンのウキウキデートの場面を覗けばほとんど全場面照明は薄暗いし、ひたすらに辛気臭い話なので、好みは分かれそう。上田久美子の辛気臭い感じが好きな人は結構好きだと思う(偏見)。ショーアップする気のなさが上田久美子以上なので、そこが気になる人は多分ダメだし、ダンスが凝ってて、なおかつ雰囲気タップリに多用されるので、そういうのが好きな人にはオススメ。オープニングからの流れとか、忍び寄るナチスの影とか、振付がめちゃくちゃかっこいい(ただ、全部を台無しをする勢いでガンガン説明ナレーションが入る(憤怒)/柴田脚本のダメなとこって、そういうとこじゃないですかね……)。

・あとセットの出来がめちゃくちゃ良かった。二つの建物がぐるぐる盆で回って、その間を路地に見立てたり、オープンカフェにしたり……質感もいいし、使われ方も素敵だし、一本物くらいのクオリティを感じる。幕開き(開演前のセット)も素敵。セット萌えの人にはおススメできる(あとはセットが映える、いかにもミュージカル!な場面が一つでもあったら完璧だった)。

------

・ショーは客席が異様に熱くてビックリした。ガンガン手拍子が鳴って、歌を掻き消す勢い(でもってそれにテンション高く立ち向かう雪組)。ひたすらに暑苦しい。常にハイテンションなので見ていて疲れるショーではあるんだけど、芝居が結構辛気臭いので、このくらい賑やかなくらいで逆に良かったような気はする。楽しかった。

・望海風斗ってあんまりそういうイメージなかったんだけど、もしかしてショースターなんだろうか……、ってちょっと思った。力尽くで無理やりテンションに巻き込んでくる、みたいなはた迷惑なパワーがある辺り。贔屓目入ってる自覚はある。

・タンゴが好きなので、タンゴ風に踊る場面がどれも良かった。

・それを抜きにしても、「黒猫のタンゴ」の場面は比較的落ち着いた雰囲気で、客席に絡む望海風斗が可愛くて、お気に入り。「どうも、ガートボニートです…」でドッと笑った客席は多分、「ヒロシです…」を連想したんだと思う(私は連想した)。

・「今日は何の日か知っていますか?/父の日です/父の日って何をあげればいいの??/何をもらったら嬉しいの?!」みたいなアドリブだったと思う(八割くらい嘘のあやしい記憶)(後半は忘れた)。父の日だったせいか、妙に男性客の多い公演でした。

・あと、彩風咲奈的には開幕の銀橋がハイライトですので、ファンの皆様方はお見逃しなきよう……(私は出てくるところを見逃してめちゃくちゃ後悔してます)。あと、ロケットボーイ(っていうの?)も可愛かった。女装はいつもの藤井大介だなあ(ノルマでもあるのかっていうくらい毎回女装ブチ込んでくるよね)、って思った。彩風咲奈レベルになると、スタイルが凄過ぎて逆に怖い。

------

そういうわけで、轟悠の声が復調してたら、後半くらいにもう一回見に行きたい(チケットが手に入るかどうかは謎)。

 

 

星組大劇場公演「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge」/2回目


星組二回目。一応これで確保したチケットは終わりなので、三回目どうしようかなあ、って悩んでるところ。芝居は間違いないし、意外とショーの二回目の印象がよかった。席の差(というか、音響の差?)なのかなあ。全体的にうるさいしちょっとガチャガチャし過ぎ(嫌いじゃないけど)、って初回は思ったんだけど、今回は全然そんなことなかった。好きなショーだった。三回目悩む。

てことで、以下テキトーな感想。

------

・初日から結構経ったこともあって、紅ゆずるがこなれて来たというか、ちょこちょこ地が見えているというか、全体的に押しが強くなってるような印象。個人的には、前の方が好きかなあ。康次郎としては、少し控えめな部分があった方がキャラクタに合ってる気がする(情けないけど、可愛げがあって、実は意外と目端が利く、っていうキャラクタがナチュラルに見える(あざとくない)ためには、「情けない」ってところが意外とポイントなんじゃないかなあ、と)。

綺咲愛里のお澄さんは逆にキャラ付けのための無理やり感があった「蛇をびったんびったん」の辺りが馴染んできて、キャラクタが立ってきてる。やり過ぎると、恋煩いで死にそうにない「隠れ肉食系女子」に見えて来ちゃいそうでキケンなんだけど、今のところ絶妙なバランスを保ってる(と思う)。まあ、とにかく、綺咲愛里は可愛い。あと、歌が普通にうまく聞こえて震えた。騙されてるような気がしなくもないけど、騙されてる方が幸せなので喜んで騙される。

・「虞や虞や汝を如何せん」のくだりが唐突過ぎて毎回「急に何を言い出したんやコイツ」ってなる。元ネタがあるんだろうけど、混ぜ具合がとにかく雑! なくてもいいような気がするけど、娘役の見せ場が一つ減るから難しいのかなあ。

・娘役といえば、初音ちゃんが意外と活躍するようでいて活躍しないままに終わる(何かしらの因縁があって本筋に絡むと思ってたら特になかった)ので、ちょっと勿体ない感あり。あと、有沙瞳はこういう役(ちゃきちゃき娘?)が似合わんなあ、と(途中の劇中劇みたいなところで本領発揮!なので、理由のあるキャストではあるんだけど)。

・最終的に三途の川ダイブし始めるのがやっぱり分からないまま。あと、生活苦一家心中の親子とかコロリ御一行とか、明らかに三途の川の渡し賃が払えなくない……?、とかは地味に気になる(けどまあ、面白いからセーフ)。

・最後、全員で三途の川ダイブして生き返るエンドでもよかったのになあ、とはちょっとだけ。

------

・ショーは礼真琴の編込みに今更気付いて、めちゃくちゃかっこいいやん!!ってテンション上がった。かっこよかった。わりと礼真琴には霧矢大夢を重ねて見てるとこがあるので、霧矢大夢でもそういうファンキーな髪型見たかったわあ…ってこれまた今更なことを思ったり(「STUDIO 54」の髪型とか大好き)。

・わりと好きな曲が多いショーで、それだけでショーって楽しいので、善場面楽しかった。オープニング(多分)でドラゴンのセットが出てくるところだけちょっと笑える。うーんこの中二センス……(嫌いじゃない)。

・礼真琴が狼男で出てきて歌う曲(パラパパみたいなのと、その後の「愛のバッテリー♪」的な歌詞の)がわりと好み。この辺りのストーリーは二回見てもやっぱり謎だったけど……あと、エージェント紅ゆずると怪盗ルージュの場面も設定が相変わらず謎。美しいからいいんですけど。

 

 

 

月組東京宝塚劇場公演「カンパニー」「BADDY」/4回目(中継)

ラストバッディ(中継)見てきた。見始めた頃はまだまだ若手だったんだよなあ……って、宇月颯の退団が無性に感慨深かった。あと綾月せりが87期ラスト、というのにも地味に驚いた。え、そうなのか。歳を取ると、びっくりするくらい時間の経過に鈍感になるな。
そういうわけで以下、頭の悪い感想。

------

・とにかく、バッディが自分のツボにドンピシャってことを再確認。歌とかダンスそのものを楽しむ素養がない(淡々と踊られると眠たくなる)人間にとって、ストーリー(あるいは明確な場面設定)があるだけで、ショーってグッと楽しみやすくなるんだよなあ(逆にいうと、「設定」がない場面は個人的にめちゃくちゃハードルが高い)。あと、感情の発露としての「歌(あるいはダンス)」が完璧に機能しているのって単純に見ていて気持ちがいいので、そういう意味で全場面ずっと楽しかった。

・上田久美子って、どちらかといえば芝居寄りというか、ストレートプレイ寄りというか、いかにもミュージカル!という感じの作風の人ではない、という印象だったんだけど、バッディ見る限り、ショーアップしたガチガチミュージカルできる人だしぜひやって欲しい、と思った。ガツンとドラマティックなヤツ。悲劇でいいから、やってくれないかなあ。

・駄作見る度に、糞みたいな台詞と矛盾だらけの脚本で説明セリフ劇やるなら、歌とダンスと舞台装置に全振りして全力でミュージカルしてくれよ(誤魔化してくれよ)(シンプルイズベストって嘯いていいのは、良質なやつだけだゾ)……って思ってたんだけど、その理想形はバッディなんじゃないかしら、ってふと思ったり(※)。

(※ バッディが糞みたいな台詞と矛盾だらけの脚本の駄作、という意味ではないんだけど、バッディをこのまま芝居にしたら、多分控えめにいってもヤバイ感じの駄作に仕上がるし、それと同じくらい(あるいはその上をいく)ヤバイやつを宝塚って定期的にやるじゃないですか。ああいうのも、割り切ってバッディみたいにやってくれたら楽しかった可能性はゼロではないんじゃないかなあ、と……つまりまあ、ミュージカルとしてショーアップしてくれたら、脚本の粗には目を瞑れるんだから(もう少し何とかしてくれませんかね)、っていう切実な話(!))

------

・中継ということで、オペラを覗かなくても衣装がバッチリ見えるのが嬉しかった。バードたちの衣装が可愛くて好き。特に、バルーンワンピースみたいなやつ。色合いは派手なのに、三人組がちゃんと調和してて、監視AI(※脳内設定)なのに可愛い!(でもやっぱり、「キケン、キケン」とかの無機質な台詞回しにゾクゾクする)

・衣装といえば、王子と王女の衣装も好き。どの場面もどの衣装もホント完璧だった。二人とも紫メッシュの入った髪形で、その髪色に衣装がベストマッチ。惑星予算強奪の場面の、ちょっとギリシャ風のやつが一番好き。あと、かぼちゃパンツがこれだけ似合う男役ってそうそういないよなあ(暁千星は宝塚における、ベストかぼちゃパンツァーだよなあ)、と毎回感心する(タカラヅカの男役にかぼちゃパンツが似合う必要があるかっていうと……まあ、ないんですけど)。

・ベロアのスーツも良かったし、グッディの青いドレスも赤いドレスもホタテドレスもプリティ戦闘服(違う)も素敵だったし、衣装に関してはホント言うことがない(嘘。エビに扮したポッキーが下半身タイツ(しかも光沢あり)なことだけは、衣装担当に物申したい)(これじゃポッキーが変態じゃん……)。

・グッディバッディとクール&王女の両方を映そうとしてどっちも中途半端になってたあたりで「もうちょっとなんとかできたやろ……」って思った以外は特にカメラも不満なし。まあ、可もなく不可もなく。宙組東京千秋楽を思えば何だって許せる、かもしれない。

・人類が滅びた地球でAIたちがキャッキャウフフしてるのがピースフルプラネット、っていう脳内設定をいまだに引きずってるんだけど、人類最後の戦争(=最大規模の世界大戦)があったと仮定すれば、宝塚っていう微妙な田舎が首都になってるのも納得できるな(=大都会は完璧に焦土と化したからね仕方がないね)、ってちょっと妄想した。

・怒りのロケットが相変わらず心躍るステキな場面で、めちゃくちゃテンション上がって楽しかった。ワクワクした。「私たち今怒ってる/生きてる/涙流してる」のあたり、歌詞が完璧。ホント好き。ここで初めて、グッディたちは「生まれた」んだわ(AI設定を引きずってる)。

・他の組でも上田久美子ショーが見たい。わりと切実に。

 

 

 

「ジュマンジ/ウエルカム・トゥ・ジャングル」

宝塚以外の予定がないGWってどうなのよ。九連休の無駄遣い過ぎでは……(※)って発狂しそうになったので、ちょっと気になってた映画を見てきた。よし、私ちゃんとGW満喫してるな。しかし、宝塚のライブ中継以外で映画館来るのっていつ以来だろ?「君の名は」以来?(てことは、2017年は一度も映画館で映画見てないのか……)

(※ あまりに暇すぎて仕事が不安になってきたのと社畜の血が騒ぎ出したせいで明日出勤することにしたので、もはや九連休ですらない。ホント、社畜ってサイテーですねダメですね)

------

・そういうわけで、ジュマンジ。タイトルの意味は不明 。実は続編(リメイク?)らしいのだけど、1を知らなくても全然問題なかった。「ゲームの中に閉じ込められて生命を賭けたプレイを強制される」っていうとこだけ共通してるのかなあ(海岸でゲームを拾うところから始まるので、1のラストで海にゲームを流したのかもしれない←処分する気だったなら、もうちょっと確実にしとけよ感/言いがかりだったらゴメン)

・とにかく、その罠としか思えない暗黒ゲームの来歴とか謎とかには一切触れられず、潔く舞台設定に徹している印象。プレイする人(プレイする気を見せなかったはずの可哀想なアレックスさえも)を閉じ込めて強制的にプレイさせるヤバイゲームです以上説明終わり!オッケー?そんな感じ(まあ、あれやね、リングでいうところの呪いのビデオ的なアレ)。

・そこの説明が一番気になる人に向かないかもしれない。私は気にならないので楽しかった。

・現実世界とは全く異なるアバター(ゲームキャラクタ)に閉じ込められた高校生たちが各々のスキルを活かしてクリアを目指す中で段々友情を深めてロマンスを育むというベターな展開なわけですが、随所にベタな笑いどころがあって面白かった。あと、主人公(典型的オタク/アメリカ的にいうとナード)が自称オタクってだけの気弱そうなイケメンじゃなくて、ちゃんとぽい外見なのがよし(でもマーサは最初から結構可愛い)。

・折角ステータスが出るんだから、能力値とかレベルとかの概念があっても面白かったのに(ゲームの醍醐味って「成長」ってとこあるじゃん!)…とはちょっと思った。

・あと、スキル構成的に全員揃ってなきゃクリアできなさそうなゲーム設計なので、五人(又は欠けてる人数)揃ってゲームに触れなければ取り込まれない……みたいな設定にしなきゃ罠過ぎるのでは(アレックスマジ不幸)……とは多少。

・べサニーが凄くいいキャラクタで一番好き。現実世界ではインスタ映えに命賭けてる系女子で、ゲームの中では豊満ボディがチャームポイント(!)の中年オヤジ。なのにめっちゃ可愛い。マーサに色仕掛けを教えるところ、オッサンの見た目で色っぽいのがさすがだった(でもって間違いなく美人なのに残念な色仕掛けを次々にくり出し、最終的に腕力で解決するルビーさん、ベタだけどめっちゃ面白い)。

・最後、アレックスと再会するくだりで普通にホロリとしてしまった。だってべサニーもアレックスもいいヤツなんだもん。

・フリッジだけは「コイツ、サイコパスちゃうか」と思ってしまった。三回死んだらヤバイって知ってるはずなのに、ためらいなくスペンサー突き落とすのヤバくない……?(せめて、「あんなガタイしてて、なんで俺に簡単に突き落とされるんだよ」みたいな展開じゃないと怖すぎない…?)

------

そういうわけで、普通に二時間楽しめるので、何か映画見たいなーって人にはオススメします。傑作ではないけど、笑って、ビビって、ホロリとできる良作。たまには映画もいいなあ。

 

星組大劇場公演「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge」/1回目

落語の谷先生は信頼してよかったんや!!

感想を一言で言うならコレ。ただまあ、信頼し切れなかったせいで2枚しかチケット抑えてなかったので、賭けには負けた気はする……(谷正純には色々裏切られてるからね仕方がないね……)元ネタがあるとはいえ、落語ものならこれができるのに、オリジナルだとなんでああなるかなあ、とはちょっと思った(!)

てことで中身のない感想をチマチマと。

------

・芝居最初のショー部分は手堅く華やか。谷正純ってショーはやらないのかな?(やってた?) ジプシー男爵の時のデュエットダンスとか、瀬奈月組時代のヤバイ駄作の時のアイリッシュダンスとか、地味に芝居中のショー場面が素敵(※)なので、ショーも見てみたい気がする(※芝居演出上必要じゃないショーシーンを長々と突っ込むせいで評価できない時も多々あるけど←最初からショーなら評価できる!)

・とにかく、最初から最後までめちゃくちゃ面白かった。こういう、情けないけど可愛げのある役って、紅ゆずるにハマってる。あと、ちゃんとかっこいい。関西イントネーション完璧。いやあ、いいね!

・落語の元ネタはほとんど分からないけど、「せをはやみ〜」のくだりだけは聞いたことあった。でもまあ、元ネタ知らなくても見るのに支障は全くない、かな(知ってたらもっと面白い可能性はあるのかも)。

・現世で遊興三昧、遊び尽くした(から、冥土で遊んだろ!ってふぐ肝食べて死んだ)と豪語する遊び人が礼真琴で、これはどっちかっていうとキャラ違い(個人的には、礼真琴にそういうイメージがない)なんだけど、やってることが相当吹っ飛んでてアホなので、賢そうな礼真琴がやるくらいでちょうど良かった気はする。かっこよかったし。あと、幇間(多分)がひろ香祐で地味に嬉しかった。ハマり役。

・貧ちゃんのくだりはセルフパロディなのか、落語に出てくる貧乏神はみんなこういうキャラ(手塚治虫的な意味でのスターシステム)なのか謎。でも、面白いからオッケー。

・冥土歌劇団にも笑ったし、植田紳爾に絡めたちょっとブラックなとこも面白かった。まだまだお元気なんだろうね(じゃないきゃできなさそう)。

・ヒロインであるところのお澄さんだけちょっとキャラ弱いかな?って思ったんだけど、蛇のくだりでベタだけどキャラ付けされるし、ほとんど言うことがない(なんでこれがオリジナルでできないのか…)

・喜六が七海ひろきだと気付いてなくて、閻魔大王が七海ひろきかな?→明らかに違うゾ!?ってビックリした。最後の挨拶部分でやっと気付いて、「こっちか!」ってなった。不覚。でもいいキャラだよね、喜六。五日前の鯖はヤバイわ。ふぐ肝と同レベルの自殺だわ。

・最後のオチというか、なんで全員で三途の川ダイブしたのかだけが分からなかったんだけど、もうどうでもよくなるくらい楽しかったので、どうでもよくなった。いやまあ、ブチ生かされたら蘇るんちゃうの?そこは怨霊化なの?とか、お裁き受けたらほとんどが地獄行き(虫殺しただけで地獄行きなら大半は地獄行きだし)なら、ずっとお裁き受けずに冥土繁華街にいたらいいよね?とか、諸々あるのはあるんだけど。面白かったのでセーフ。

・白装束から何の説明もなく、派手な衣装に着替えてたのが一番面白かった。そのお着替えいる?いるの!?

------

・ショーは斎藤吉正らしい賑やかな(ちょっと賑やか過ぎるくらいの)作品。

・ストーリーで綴る部分が結構あるんだけど、歌詞が聞き取れないせいでよく分からなかったのがちょっと残念。赤ずきんちゃん→マッチ売りの少女みたいなとことか、正義の味方紅ゆずる!みたいなところとか……(七海ひろきが怪盗ルージュみたいな役で女装してるんだけど、ハイパー美女だった)。

・聞き覚えのある曲がいっぱいあったので、歌謡曲とかアニメソング盛り盛りだったのかな(←聞いたことがあるというのは分かっても、タイトルは特定できない)。とりあえず、「薔薇は美しく散る」を使ってるのはなんか嬉しかったというか、面白かったというか。

・桜のロケットは、ちょっと季節外れのような気がしなくもないけど、衣装が可愛かった!(カツラも可愛かった!)104、って人文字作るのも好き。

 

宙組大劇場公演「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」/3回目

三枚もチケット確保してたんだよなあ…そりゃそうだよなあ…それだけ、小柳奈穂子×「天は赤い河のほとり」に期待してたんだもんなあ(めそめそ)ってなりながら、三回目見てきた。シトラスの風が思いの外、好みな感じの素敵なショーでよかった、っていうのが三回見ての総括。

そういうわけで、まったり感想。芝居についてはノーコメント。

------

・舞踏会の場面で、真風涼帆(軍服が似合うハイパーイケメン)が急にストン、ってしゃがんでポーズ決めるあたりがまさに「今から求愛のダンス踊らせて頂きます」にしか見えなくて、いつもクスってなる(※)んですが、めちゃくちゃ好きです。大好き。「シトラスの風」で一番好きな場面。

(※ 朝夏まなと版もそうだったし、むしろ朝夏まなとだと長い手を見せ付けてる感満載だったので余計そう思った)

・「かつての恋人(幼馴染)と再会した(そしたら彼女にはパトロンがいて…)」って朝夏実咲コンビがWOWOWで解説してたような記憶があるけど、真風星風ペアの今回だと、「親友の妻と恋に落ちた」って感じに見えて、それはそれで面白かった。間男感マシマシ。芹香斗亜と真風涼帆が同年代に見える(だからパトロン感が薄い)のと、星風まどかに薄幸の美女感がないからかなあ。あと、「おかえり」みたいな感じで挨拶してる真風芹香コンビの姿が、久しぶりに再会して久闊を叙する友人の図、にしか見えなかったせいもあるかも(戦地帰りの真風涼帆と、名家の子息であるところの芹香斗亜。二人は学生時代からの身分差を超えた友人で……っていう謎な脳内設定が瞬速で閃いた)。

・現時点で一番同世代感のあるトップと二番手なので、対等な友人同士での三角関係をやるなら絶対宙組で見たい。クラシカルでベタな、恋と友情の板挟みみたいなやつやってくれないかなあ。演出は全然クラシカルじゃなくていいから。社交界のドンに純矢ちとせ、みたいなベタな配役で。

・あのすばしっこそうな娘役いいなあ素敵だなあ目を惹くなあ、って思うと、大体綾瀬あきな。自覚はないけど、多分ファンなんだと思う。一番好きな綾瀬あきなは、明日へのエナジーで、黒の衣装着てかっこよく踊っているところです。フェミニンな娘役が凛々しく踊るのに心底弱いし、柄悪く振舞うのにもめちゃくちゃ弱い。娘役だけのダンサブルな場面で芯取ってくれないかなあ。一度でいいから。

・どの場面もわりと好きなんだけど、アマポーラだけちょっと退屈。こういうまったりした歌で、ダンスもわりとまったりしている場面がそれほど好きじゃないので。せめて衣装がもうちょっと素敵だったらよかったのになあ。紫はちょっと飽き気味(概ねクラシカルビジューのせい)。

・芝居仕立ての場面が好きなので、往年の名ダンサーすっしーさんの場面も好き。光るボックスのセットがわりと印象的。衣装も素敵(ただ、あの白い靴?靴カバー?だけ微妙だった気がする(デザイナー的には、あれがイイ!なのかなあ))。最後、復活した(=老いた肉体から解放された)すっしーさんが踊り狂う展開でも面白かった、とはちょっとだけ。

------

次はWSSなので、頑張ってチケット確保する所存。「新作か?」っていうくらいキャストが刷新されたので、今からワクワクしてる。特に、澄輝さやとのリフと桜木みなとのアニータ。和希そらのバウも見たいんだけど、ここのところバウのチケットが全然取れないので、難しいかなあ……(取れたらいいなあ)。そんな感じ。

 

朝夏まなとコンサート「MANA-ism」/1回目

休む…のは無理だから、せめて半休取るぞって思ってたら、まあ色々あって(無駄に外面がいいせいで午後の打合せを断れなかった)、結局結構ギリな感じで会社を脱出。グッズ買うために長蛇の列に並んだものの、あと五人くらいのところでタイムオーバー…という、我ながらダメダメな感じで始まったコンサートだったわけですが、望海風斗と瀬戸かずやの登場で大体吹っ飛びました。ただでさえドッキリかな?って思うくらいいい席だったのに、望海風斗に飛ばされる投げキスを「お、私にやな」って勘違いするのに絶好の席で、正直今年の運はこれで大体使い切った気がする。望海風斗が背後にいるってのもまあ嬉しいし、「あやちゃん」呼びを生で聞けたのも興奮した。でも、一番は朝夏まなとが私(の後ろにいる望海さん)を見つめて、私(の後ろにいる望海さん)に投げキスしてくれたことです。幸せ過ぎて、私明日死ぬのかな?さすがに悔いはあるゾ…、ってちょっと思った。

というわけで細々した感想は以下箇条書きで。ショーもそうだけど、芝居以外のイベントの感想が「かっこよかった」で終わりがちな人間なので、ろくな感想じゃないです。

------

・開幕直後、歓声で振り向いたら、ライトを浴びて佇む朝夏まなと。ちょっと宝塚めいたスパニッシュなジャケット姿(全体的には女性的な仕上がりなんだけど、登場の瞬間は上半身しか見えない)。めちゃくちゃかっこよかった。多分、デロデロに崩れてヤバイ顔してたと思う(でもってその顔がステージから丸見えなので、いかんいかん、って必死でおすましした/大体終始そんな感じ)。

朝夏まなとラムザファイナルファンタジータクティクス)見たかった……って書いたことあるんですけど、その理由の半分くらいは、後ろでちょこっと髪くくった朝夏まなとが見たい、ってだけでして。つまり何が言いたいかっていうと、一幕の髪型がクリティカル過ぎた……ってことなんですけど。興奮のあまり死ぬかと思った。「あ、私って、何よりもまず、朝夏まなとの顔が好きなんだな」、って実感する一時間だった。

・衣装がどれも素敵で、すごくよかった。スカートがなかったのだけちょっと残念といえば残念。でもまあ、それはマイ・フェア・レディのお楽しみかな。

・いくつか芝居めいた雰囲気で歌う曲があって、やっぱり芝居が見たいんだよなあ、って思った。コンサートも楽しいけど、芝居なんだよ!って。

・ちょいちょい背後から聞こえるフゥー!って声が望海風斗のような気がする(多分気のせいじゃない)。

・印象に残ったのは、ジキルとハイドよりの2曲目(芝居っ気が強かっただけ説)。あとはタイトルが分からないけど聞き覚えがあるから、多分歌謡曲の何か。かなり女性的に高めで歌ってた曲も良かった(曲が覚えられないタチなのですでに記憶が曖昧……)。

・意外とダンスが少なくて歌が多めで、オーソドックスなコンサート、という印象(というほどコンサート見てないけど)。ダンス場面がどれも素敵だったので、ダンスコンサート的なものも見たいなあ、と。相変わらず、さりげない手の振りでも長い腕が印象的でとにかく素敵だった。顔も好きだけど、あの長い腕も好き。

・あと、WICKEDを見に行ったときも思ったけど、男性ダンサーの身体能力って凄い。アクロバットな振付を目の前で繰り広げられると、思わず、わーおって言いそうになった。なんか、肉体の圧みたいなのが迫ってくる。

------

2回目はもうちょっと落ち着いて見れるんじゃないかなあ…(どうだろ?)って感じです。もう少しマシな(マトモな)感想が書けるといいな。

 

宙組大劇場公演「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」/2回目


宝塚って基本的に新作主義だから、始まるまで面白いか面白くないか分からないんだけど、始まる頃には土日のチケットは大体完売しちゃうから、一回見て面白かったら買い足すって方針じゃ(面白いからもっと見たい!ってなった時に)全然見れないんだよね。だから、演目と演出家でヤマ張ってある程度バクチ打つ必要が出てくるんだけどさあ……っていう、ヅカファンでもなければどうでもいい類の四方山話を話の流れで会社の後輩にしたら、「で、今回の公演はその賭けに勝ったんですか?」って聞かれたので、「負けた……」って答えました。ツライ。

ただまあ、意外と二回目が辛くなかったというか、「絶対発狂するなコレ」って覚悟して臨んだ割に、「駄作だけどまあ、発狂するほどじゃないな」って感じで平穏に見れたので、ちょっとビックリした。あと、今回は<宝塚初めて/四十年ぶりくらいに見る>っていう初心者二人を引率したんだけど、それなりに楽しんでもらえたみたいでホッとした。まあ、「黒い人がいつの間に味方になったのか分からなかった」「どのタイミングで反乱軍だったはずのカイルが(地位を回復して)正規軍と合流したのかが謎」っていう最もな指摘は受けたけど(こういう矛盾を宝塚で見る度に、脚本家は分かってて見ない振りしてるのか、本当に気付いてないのか、どっちなんだろ……って思うんだけど、実際どうなんだろう(前者ならまだ救われる気がしなくもない……))。

------

そういうわけで、細々箇条書き。褒めてません(!)

・意外と辛くなかったんだけど、ポジティブな感想が全然浮かばないあたり、まあ、アレな感じ(お察しください)。

・とりあえず、戦争の場面は、太王四神記みたいに人海戦術(&マスゲーム的な振り付け)で、もっと派手にやって欲しかったなあ。なんか、小競り合いにしか見えなくて、全然「国と国の戦い」っていうスケールの大きさがない(しょぼい)。でもって、銀橋でカイルとラムセスが謎の取っ組み合い始めるので、さらにその印象が増す。原作のあれは、長年の積み重ねがあった上での、地位も身分も、鉄というアドバンテージも抜きにした、文字通り身一つ(!)での、「男と男の勝負」でちゃんと見所(=必然性のある場面)なんだけど、舞台版はカイルとラムセスの絡みも関係性もないので、「この二人は(自分の職務も放り出して)一体何をやってるんだか……(呆)」としか思えなくてですねえ(→あと、「お前の命令なら兵は動くだろう」っていう原作では胸熱だったユーリの見せ場も、そこにいたる部分が端折られているので、全然見せ場になってないんですよね。残念ですね……)。

・宝塚なんだからまずカイルがかっこよくなければ!(ラムセスもかっこよくなければ!)っていうのは(実際この二人がかっこよく演出されているかは別にして)分かるんだけど、そもそも論として、ユーリがかっこよくなければ(ユーリが評価に値する人物でなければ)この二人もかっこよく見えないので、やっぱり序盤にユーリの見せ場が必要だと思うんですよね(現状、鉄ゲットイベントが全然カイルの見せ場として全く効果的じゃないので、じゃあ原作通りユーリの見せ場でいいじゃん、ていうのが本音)。まあ、尺が足りない原因は風呂敷の広げ過ぎなので、芹香斗亜をラムセスに配役してしまった時点で負け戦なのが辛いところなんですけど。

・普通に、カイルとユーリの出会い→ティトの死→ズワとの戦いと鉄剣ゲット→黒太子との戦い→連れ去られる→捕虜の待遇向上エピソード(に、流行り病エピソードを足す)→再会(ここで二人は想いを確認し合う/でもまだ、ユーリは「日本に帰る」が第一目標/カイルも「日本に帰してやらねば」って思ってる)→諸々→カイルの危機を知らされたユーリは、帰還のラストチャンスを捨てて、カイルを選ぶ――っていうまとめ方じゃダメだったんですかね……(ナキアに勝利せずに終わるのが座り悪くてダメっていうなら、どこかで「エジプトと内通している証拠」をゲットして、失脚を示唆して終わる…とかでいいじゃん……)

------

シトラスの風は相変わらず良かった。

・バッディでも思ったけど、ライトの点いた大階段に男役が並ぶとそれだけでおお!ってなる。ただ白衣装だと明るくなった後が映えなくてそれは残念。

・ショーが意外と初心者二人に不評だったので、初めての人を誘うなら一本物の方がいいのかなあ、と思った。わりと、「初心者には二本立て!」みたいなことが言われ勝ちだけども、ショーが面白くなってくるのって、タカラヅカのお約束が分かってきて(≒ショーの楽しみ方が分かってきて)、それなりにスターの顔と名前が一致してから(※)、のような気がしなくもないんですよね(※ じゃないと、「知らない人が」「知らない歌を歌ってる」になりがち、というか……)。

・そういう意味では、ショーに筋立てがある月組の方がよかったかもしれない。

 

宙組大劇場公演「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」/1回目

芹香斗亜がラムセスって時点でちょっと嫌な予感はしてたし、明らかに時間が足りないとしか思えないキャスト発表でそれなりに覚悟はしてたつもりなんだけど、心のどこかに「小柳奈穂子だからそこそこやってくれるんじゃないか」っていう期待があったらしく、見終わってめちゃくちゃ悲しい気持ちになった。どんなに贔屓目に見ても、オブラートで包んでも、駄作の一言だった。原作ファンなのですごく悲しいし、この原作で面白く作れないのって演出家の怠慢でしかないのでは……って思って腹が立ちもする(カンパニーでも同じこと思ったな……)。

ただまあ、レベル高めの駄作だけど不快な作品というわけではない、と思うので、原作に思い入れがなければ(原作が破壊されたことが不快でなければ)意外と楽しめなくもないかもしれない(ただし保証はできない)。なお、原作ファン(特にユーリが好きだった人)には全くおすすめできません。

何が致命的かというと、「天は赤い河のほとり」という作品が「平凡で普通の女の子が理由もなくモテる話」ではない、ってことを小柳奈穂子が理解していないような気がする、あたり(→原作ユーリって(本人の自覚はともかく)明らかに「平凡で普通の女の子」ではないじゃないですか)。どちらかというと、原作においてユーリの描かれ方自体は少年漫画的というか、現代日本では全く必要とされない(だから開花するはずもない)「資質」を備えた少女が、それが求められる状況と立場にある中でそれを徐々に発揮していく、そういう英雄譚を少女マンガでやった、という構造の(そしてそこに一番の魅力がある)話なわけで。そりゃ、英雄がタダの「女の子」に引き摺り下ろされた英雄譚はもはや英雄譚ではないし、そんな話が面白いわけがない、ってのは火を見るより明らかなんですよね。

天は赤い河のほとり」という作品において、カイルよりラムセスより黒太子より、一番かっこよくあるべきなのはユーリなんだよ……ユーリがキャピキャピした「女の子」になってしまった時点で、そして彼女の成長も進歩も何一つ描けなかった時点で、この作品は明確に失敗なんだよ……(脚本の責任であって、星風まどかは何も悪くないです)。

------

そういうわけで、尽きない不満とか感想は以下、箇条書きにて。

・「ユーリに魅力がない(=魅力が描かれない)/イシュタルとして支持される根拠となる場面がない」ために、カイルを初めとする男性陣がユーリに惹かれる/ユーリを認める理由が理解できない(=「惚れるに値しない女にあっさり惚れる」せいで、彼らが全くかっこよく見えない)、というのが、多分、一番ダメなポイント(君ら、マジでユーリのどこに惚れたの?どこを評価してるの…?)。あと、「この娘は泉から現れたイシュタルの化身だ云々、私たちの勝利は約束されている云々」ってカイルが演説する前に、すでに、「イシュタル様万歳!」って民衆が叫ぶのがホント意味分からなかった。ノリノリで「ユーリ・イシュタル」って名乗りだすユーリも正直謎。

・でもって、ユーリとカイル関係がほとんど描写されないのと、作中の経過時間が全くないように見える(マジでユーリ召喚~戴冠式が三ヶ月間くらいの話に見える(※))ので、どうしてユーリがカイルを好きになったのかが全然分からない(=なので「残る」という選択に全然カタルシスがない)。ていうか、ユーリが「普通の女の子」過ぎて、「残ること」の意味/その選択で犠牲にするもの、をちゃんと理解してる?覚悟してる?大丈夫??、って心配で仕方がなかったりする。

(※ ミタンニがサイレント滅亡するのも、カイルの即位がまるっと端折られているせいで、「カイル・ムルシリ治世下における最後の戦争となった」って語られる戦いが、明らかにアルムワンダ皇太子の治世下であるようにしか取れないのも別に許せるんだけど、作中の時間経過がないように見えるのは引っかかって仕方がなかった。「一年後、必ず私がお前を返してやる」の一年後って、一体どのタイミングで過ぎたんでしょうね……)

・ナキアがわざわざ日本からユーリを連れて来たのって、カイルを呪い殺すためで、それは直接的な手段ではカイルを排除することができないから(だから呪術で殺す→生贄としてユーリが必要)であるハズなのに、すぐにそれを忘れてガバガバな力技で謀殺し出すのがホント謎過ぎた。それができるなら、最初から呪術なんてまどろっこしいことせずにやっとけば良かったのでは。でもってそのガバガバな陰謀で普通に処刑されそうになるカイルがあまりに無能丸出しでテンション下がった(「有能な皇子」設定が行方不明になってませんかねえ……)。

・原作は長いので、(状況の変化に合わせて)ナキアの行動も二転三転するんだけど、そこはちゃんと因果関係を踏まえた上で再構成しなきゃダメだし、そもそも時間制約のことを考えれば、今回の作品におけるナキアの最終目的は「ジュダの皇位継承」/その手段は「ユーリの確保(=カイルの暗殺)」で一貫すべきだったのでは……

・あと、ティトがウルスラの最も重要な役割を代わりに果たすアイデアはともかく、「主人に早く皇位に就いて欲しかったから皇帝を毒殺した」って従者が告白するのって、庇いたいのか陰謀の片棒担いで留め刺しに来てるのか分からんな……って。序盤に伏線張って、「ナキア皇后のご指示でした」って言わせるべきだった思う(だってそれが一番重要なところじゃん!ウルスラが報われないよ!!)。

・ちゃんと背景とか心情が描かれるのが、ナキアとウルヒ(あとネフェルティティ)だけなので、そこが一番魅力的に見えちゃうというアレ。「産みたくもない皇帝の子を産み、生まれた子は金の髪を持っていた/だから私はあの子を皇帝にしてみせる」のくだりが入ってたことだけは唯一、小柳奈穂子を褒められる(あと、若かりし頃のナキア→現在で歌い継ぐところも好き)。

------

・ちゃんと剣が青銅風なのは芸が細かいと思った。

・カイルの異母姉の盲目設定が生きていることに戴冠式で気付いて、お!って思った(できれば目を瞑ってやって欲しかったけど、あそこでそれをやるのは危険すぎるか)。

・澄輝さやとのネフェルティティがめちゃくちゃ良かった。かつてはさぞ美しかっただろうと思わせるような立ち姿の、どこか人生に倦んでいる女性。「生きていくためには仕方がなかった」というのは確かに一面の真実ではあって、「そうではないはず/私はそうはならない」っていうユーリの眩しさは確かに尊いんだけど、誰もがそうは生きられない、という残酷さも秘めているよなあ、と。残念ながら舞台のユーリにはそんな深みもバックグラウンドもないんですけど(だってまだ来て三ヶ月くらいだからね仕方がないね(!))。

・「泉を壊してしまえ」っていうナキアの指示をイルバーニが聞いてるのって、「ユーリ様にはこの国に留まって頂く」の伏線というか、原作リスペクトだと思うんだけど、まあ、状況も環境も変わった舞台でそれやってもね……っていうか、ナキアの目的はほぼほぼ達成されてるから別に泉もユーリももうどうでもよくない?

・純矢ちとせのナキアがすごく良かっただけに、ナキアとウルヒをラスボスにして、ちゃんとユーリとカイルの関係メインで、カイルの即位まで、くらいを再構成すれば良かったのに……って心底惜しい。芹香斗亜(二番手役)をザナンザかウルヒにしてさあ……(ぐちぐち)。

------

・ショーはそれほど期待していなかったせいか、すごく良かった。芝居の傷が癒された。まあ、再演を繰り返しているとはいえ、シトラスの風を生で見るのが初めてだから、というのはあるかもしれない。映像で見ている時は、「明日へのエナジー」がそれほど名場面だと思わなかったんだけど、生で見ると確かにいい場面だった。迫力に圧倒された。あと血管ブチ切れそうな娘役の高音が印象的。誰だろう。美風舞良?

・ステートフェアの傘を回して歌う可愛い子ちゃんたちの中に、純矢ちとせと美風舞良が混じっている(というか、星風まどかを挟んでメイン張ってる)のにちょっとびっくりした。え、これ、可愛い子ちゃん枠じゃない…の……? どういう人選なんだろう……

・決闘の場面が期待通りすごく良かった。朝夏まなとシトラスの風だと、芹香斗亜のところに寿つかさが入っていたので、パトロン感が半端なかったんだけど、今回は真っ当に真風涼帆が間男している感じ(!)。あの、片手上げて急に座り込む振付が結構好きです。

------

そういうわけで、来週も行って来ます。

 

月組大劇場公演「カンパニー」「BADDY 悪党は月からやってくる」/2・3回目


カンパニーが二回目ですでにめちゃくちゃ辛くて、ホント、私石田昌也好きじゃないなあ……って実感した。ただこれ、幕間の客席の雰囲気(※)とか漏れ聞こえてくる感想聞く限りでは、評判悪くないんですよね。むしろ、結構いい。「面白かった」「泣いた」っていう声を結構聞くし、まあ、そういう感想も全く理解できないわけでもない(石田昌也としては、確かに悪くない方だと思う)。ただまあ、私は石田昌也が好きじゃないので、ピンポイントに差し込まれるデリカシーのない場面と台詞(やり取り)のセンスのなさ(と陳腐さ)が勝って、二回目でもう限界でした。ちょこちょこ発狂しそうだったし、三回見たら発狂してクソミソに言ってたと思う。

(※ アレなレベルの駄作だったときの幕間の客席の雰囲気って相当ヤバイじゃないですか。「え……何なのこれは…私たち一体何を見せられたの」みたいな、理解できない(したくない)観客の戸惑いが充満してる感じで。訓練されたヅカファンばかりならギリギリ笑いに変換されたりするんだけど、「わあい、タカラヅカはじめて」みたいな無邪気なお客さんばかりだと居た堪れなくて、「ホントごめん毎回こうなワケじゃないから(懲りずにまた来てお願い)」ってこっちが謝りたくなる……んですよね。少なくとも今回は全然そんなことなかったのでよかった/だから、原作付けた意味はあったんだと思う。田淵大輔だったら、普通に良作になったのでは……と思わなくもないけど。そして、それならもっとバッディに通えたのに、って思うけど)

そういうわけで、午前公演の芝居をスルーしてショーだけ見たのは我ながら英断でした!

------

・バッディは傑作(断言)。

・海産物(違う、ブルーラグーン)の場面で、食い逃げして銀橋に出てきて以降の全場面・展開がめちゃくちゃ好き。特に、「今日は食い逃げ/昨日は駐車違反/スケールが小さすぎやしませんか♪」って歌うスイートハートと、そこに「今帰ったぞ~」って折り詰め下げて帰ってくるへべれけバッディと、「なぜ俺を追いかけない!?逮捕しない!?」ってショックを受けるバッディと、「悪いことがしたい/いい人でいたい」って歌と白黒の衣装とフォーメーションがハイパーかっこいい中詰めと、「私は今怒ってる!/生きてる!!」っていうグッディの感情の爆発にグッと来るラインダンスと、白く光る階段とのコントラストがかっこいい男役ダンスと、ドラマティックなデュエットダンス!(ほとんど全部だなこれ)

・「やりたいことをやる」のがバッディの信条だったはずなのに、「グッディの目を引くために(追い掛けて欲しいという理由で)」惑星予算を盗み出すと決めた(=いつの間にか目的と手段が入れ替わってしまった)時点ですでにまあ、バッディの大敗北なんですよね(でもそこにグッディへの愛を感じる)。上田久美子って、愛の伝え方がストレートじゃないのにはっきりと熱があって、そこが素敵だと個人的には思います。

・惑星予算を強奪して、空に去っていくバッディたちの映像が、宝塚の映像使いとしては珍しく効果的で、スイートハートの投げキスがめちゃくちゃ色っぽくて良かった。あと、足ブラブラしてるポッキーが可愛い(←女装していることに二回目にして気付いた)。月城かなとは超美人なのに、ポッキー巡査の女装が普通にポンコツですごく好き。

・バッディガールズが全編色っぽくてかっこよくてよかった。周りに侍る女のかっこよさってのは、侍らしている男の魅力にストレートに作用するので、バッディガールズがかっこよければかっこいいほど、バッディのイイ男度が上がる。完璧な仕事だった。あと衣装がどれも素敵。赤いレオタードで大階段に仁王立ちしているところとか、最高にイイ女。

・あとは……宇月颯と早乙女わかば恋愛模様がすごく良かった。悪い宇月颯が大好物(グランドホテルとか大好き)なので、ずーっとニヨニヨしながら見てた。なんかちょっと、「若頭とお嬢様」感あって、悪くて大人な宇月颯が自制している(風に見える)あたりがすごく好きです。最後、ハンカチを投げ捨てるところとか、「意識して悪い顔してる」みたいに見えるんですよね。突き放すのが愛なんだわっていう。あと最後にデュエットダンス風に二人で踊るのが好き。めちゃくちゃ良かったし、ほろりとした。

・輝月ゆうまの宇宙人が、ずーっと指をワキワキしているのに三回目にして気付いて、面白かった。終始、ワキワキ星人。めっちゃ宇宙人感出てる。

・バードたちが監視用ロボットにしか思えなくて、そこに一番ディストピアSF風味感じたんだけど、実際どうなんだろう。「森から出てきたばかりなの」って台詞が、「製造された(稼動し始めた)ばかりなの」って意味にしか聞こえなかったんですよね。あと、「タイヘン!タイヘン!」っていう無機質なセリフ回しが最初はちょっぴり怖かったのもある(慣れてくると結構可愛い)。

・で、グッディもそういう意味では怪しいし、全員そうでも面白いな(※)って思って、以下の妄想に繋がります。

(※)つまり、登場人物総AI(ロボット)説。「私は今怒ってる/生きている」って躍動するラインダンスは、治安維持目的のために作られて(今までその役割に何の疑問も持っていなかった)AIであるところのグッディが真の意味で「自我」を獲得した瞬間で、ピースフルプラネットのおままごと感っていうのは、主人を失ったAI(ロボット)たちが「平和を享受する」というおままごとに興じている故であり、なぜピースフルプラネットの君主が「女王」かというと、AIを統制する(していた)のがマザーコンピュータだったから……みたいな、そういう話。百年も二百年も生きられるのは彼らがヒトじゃないからだし、全大陸を緑化しても花で埋め尽くしても問題ないのも全部、「生きているヒトがすでにいない」からなんです。彼らは人類の社会を模しているだけだから、あれだけ未来だというのに古臭い紙幣が現役だったりする(=人類社会には「お金」が必要である、というだけで存在している)。多分、高度に自動化された戦争の行き着く果てに人類は滅び、地球のありとあらゆる生き物は死に絶え、残ったAIたちは一度滅びた地球に仮初の楽園を築き上げた(その過程で意に沿わない存在は月に放逐された)……みたいな壮大な背景があるんだと思う(全部妄想です)。

------

なんだかんだ三回見ても見足りなかったので、バッディ目当てでライブビューイング行こうかなあ(でもカンパニーがなあ)って悩んでます。自分で思ってた以上に石田昌也アレルギーだったことを自覚したのでどうしようかと。